FC2ブログ

レオタード 画像 ツイッター

最近は個人がアダルトな画像を載せるようになってきたこともあって、ツイッターはある種その手の女性が多く集っている。

だが悲しきかなレオタード画像となるとそうそうお目にかかることはない。

以前一度あったくらいだろうか、今はもう見れないのだが。

この広いSNSの世界においてもレオタード愛好家というのは希少種であることが本当に悲しい。

が、そこまで悲観的になっても致し方ないだろう。

少なくともゼロではないのだから、今後増えていくと信じている。

まぁそこまで他人がどうこうとは思っていないので、独りであってもレオタードを愛し続けるのだが。

とはいえこの手の話は仲間と共有するのも1つの楽しみ方なのだ。

それ故に愛好家が増えてくれると非常に嬉しい。

性癖は時間の経過と共に変化するのだから、いつかレオタードをまた見て欲しいところだ。
スポンサーサイト
[PR]

レオタード 画像 スタイル

職に貴賎なしという言葉はよく聞くが、レオタードにも同じことが言えるのではないだろうか。

よく諸兄は女性のスタイルを見て好みを分けていることがあると思う。

しかしレオタードを着せればどんなスタイルでも良さというものが出るのだ。

画像を漁れば様々な女性が出てくるだろう。

個人的なことを申し上げればスタイルを理由に各々の画像を切ったことはない。

画質やレオタードそのものが劣悪だと切ってしまうが・・・。

要するに基準をどこに置くかの問題かもしれない。

ただしレオタード女性に悪はない。

画質や衣装の問題というのは撮っている側、着せている側に問題があると見受ける。

せっかくのレオタード姿を撮影しているのだから、万全の準備で臨んで欲しいものだ。

やはり最近は携帯電話ですら高画質の画像を撮れる時代なのだ。

低画質というのはやはり許されるものではないと思いたい。

レオタード 画像 写真集

実のところレオタードと写真集の組み合わというのは非常に相性がよろしい。

おそらく写真集に使われる用紙の質感がレオタードの良さを上手く出しているのだろう。

某有名アイドルもレオタードを着て写真を撮られていたと記憶しているが、それのサンプルを見ても非常によろしかった。

が、やはりレオタードのみの写真集でないと買わないようにしている。

そもそも世のレオタード画像を1枚残らず集取するには小遣いが足りない。

世知辛い世の中なのである。

しかも写真集となると出費がかさんでしまうので慎重にならざるを得ないのだ。

その辺りも気にせず収集できたら幸せなのは間違いないが、結局は無いものねたりなのだからこれで良いのだろう。

自分の趣味が市場の広いものでなくて良かったと実に思う。

これがレオタードではなく広義のコスプレという括りであったら想像を絶する大変さであったろう。

写真集をコレクションするどころの話ではないかもしれない。

もっとも自分がレオタード好きだから考えることであって、隣の芝は何たらという話に近いのだろう。

レオタード 画像 披露

レオタード画像を作品として披露しているサイトは非常に少ない。

しかし少ないからこそ所謂「神サイト」を発見した時の悦びは何物にも代えられない。

先日も以前から目にしたことがある作品だと思い別のところを探そうと考えたところ、今回は詳細まで見てみようと深く入ってみた。

するとどうだろう、作品のパッケージ面はそこまで良い気がしなかったのに、中のサンプルに惹かれてしまった。

結局のところ購入に至り、その日は至福の一時を過ごさせてもらった。

少ないなら少ないなりにパッケージだけ見て飛ばすなという話もあるが、欲求とは恐ろしいものでアンテナにかからなければ即スルーしてしまう。

今度からはジックリと吟味していくことにしよう。

とはいえ今回のケースはレア中のレアだ。

本来パッケージ画像というものは作品を宣伝する際に一番披露される部分だ。

そこでレオタードの良さが出てなければ多くの愛好家がそっぽを向いてしまう。

逆に中身が良かった、というのは殆どないと言っても過言ではない。

ただし今回のようなケースがあるので、必ずしもとはいえないが。

レオタード 画像 水着姿

画像としてみるとレオタードと水着姿の違いがイマイチ分からないという諸兄は多いだろう。

しかし考えてみて欲しい、一般的な水着でダイビングスーツを想像することはできないであろう。

そもそもレオタードというのは長袖が基本だ、水着に長袖というのは存在しない。

ビキニだろうがその他海のレジャーで使用するのは全て袖が存在しない。

ただしラッシュガードは別だがあれは水着ではないだろうから成立しない。

ということで外見から既にレオタードと水着姿というのは似もしない非なるものなのだ。

もちろん諸兄の中にはレオタードものAVを観覧した方もいるであろう。

その手の映像作品に限って水着のようなレオタードを着ているケースが多々ある。

しかしそれはレオタードではないのだ、単なるエロ布だ。

新体操やバレエでそのようなレオタードを着るだろうか?いや着ない。

あくまであれはフィクション、ファンタジーのレオタードなのだ。

それはそれで否定はしないが現実のレオタードと混同されるのは非常に困る。

なぜならレオタード好きにとって布の質感、露出の少なさというのはアイデンティティにも等しいからだ。

レオタードを着ているだけで美しい、そう思えるのが正しいレオタードなのだ。
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR