FC2ブログ

レオタード 画像 ウクライナ

レオタード画像で欧米の女性がモデルになっているフェチサイトが多かったりするのだが、特にウクライナの女性が多い気がする。

これは一体なぜなのだろうか?

最初はコマネチの影響なのかと考えもしたが、よくよく思えばコマネチは確かに欧州の女性だがルーマニア人だ。

東欧や北欧の女性は美しいと度々話題になるが何故ウクライナなのだろうか疑問は深まるばかりなのである。

しかしまぁ欧州のスレンダーな女性がレオタードを着た画像は非常によく映える。

そもそもの話、国内から海外に私のフェチズムがグローバル化してしまった原因は欧州のレオタード女性だ。

決して少女趣味があったのではないということを強く念押ししておこう。

悲しいことにレオタード愛好家はロリコンであるという偏見が少なからずあるのだ。

それならそれと海外に飛び出したりしないものだが・・・、あちらの女性は同年の大和撫子と比較して早熟ゆえに幼くはないというのに。

閑話休題、ウクライナ女性についてだ。

なぜかロシアンパブで働くウクライナ女性というのも少なくないと聞く。

いやいやロシアンではなかろうよと言いたかったが国の話はナイーブだからグローバルな場ではよろしくない。

しかしアメリカのレオタード画像サイトでもロシア人と紹介されていて詳しく調べてみたらウクライナ人というパターンもそれなりに多い。

やはりウクライナの謎は深まるばかりだ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

レオタード 画像 海外

レオタード画像を探索している者にとって海外の画像サイトはいわば登竜門だ。

なにせワールドワイドである、その量はとてつもなく半端がない。

しかし日本という島国に生まれ海外の貧困地域と比べたら誰もが何不自由のない暮らしをしてきている。

日本にいるなら日本語だけ喋れれば生活に苦労することは100%ない。

しかし相手はワールドワイドな海外の画像サイト、当然イングリッシュである。

今でこそブラウザやサイトに翻訳機能がついているものも多く大して困らないが、昔は違った。

英和辞典や辞書サイトを片手にどこでお目当てのものが見れるのか四苦八苦しながら見たものだ。

サイトを見るだけでもこの有様なので有料サイトに登録などといったら東大に挑むくらいの難関に見えていた。

だが今は翻訳機能があるので1~2クリックで翻訳は完了する、便利だ。

これだけ便利だと日本人のレオタード画像に重きを置いている私でも海外サイトに浮気してみたくなるもの。

そして登録しすぎて料金の支払いが大変だったというのが今回のオチだ。
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR