FC2ブログ

レオタード 画像 股間

性的欲求を満たす為のレオタードの画像に多いのは股間をクローズアップしている写真だ。

これは正直いただけない。

クローズアップしてしまうと水着でも良いということになってしまう。

レオタードである必要が全くないのだ。

やはりレオタードは全体像でもってレオタードであるべきである。

恐らく股間接写が良いと感じる諸兄は他のコスチュームでも良いのではないだろうか。

しかしそれが悪いことだとは思わない。

人間十人いれば十の性癖があるものなのだから。

厄介なのは複数の性癖が組み合わさってしまうことだ。

自分自身を顧みるとレオタードというコスチュームと、その質感という2つの特性が合わさっている。

正直にいうと、あの質感であらゆる部分に触れてもらいたい。

それが極上の質感を持つレオタードであれば、それだけで昇天してしまうかもしれない。

ということで以前とある風俗嬢にお気に入りのレオタードを着て色々としてもらったことがある。

結果としては失敗だった。

何かが違うのだ。

思考を巡らせたところ、ある1つの結論に至った。

風俗嬢では手慣れすぎてて全くレオタードの良さが出ないのである。

予め言っておくが年端もいかない女性に興味はない、そういう意味の初心さが足りない訳ではないのだ。

レオタードを着ていやらしい視線を感じることに恥じらいを持って欲しいのかもしれない。

まだ仮説ではあるが、自分自身の話だから可能性としては濃厚なのだろう。

また面倒な性癖が仲間に加わってしまった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

レオタード 画像 ハイレグエロ

レオタード画像の中でもハイレグに対するエロスに重きを置いている諸兄は多い。

そんな世の需要を反映してか様々なハイレグエロが作品として世の中に出てきている。

が、最近どうも様子がおかしいような気がしてならない。

どういうことかというとハイレグを掴み、引っ張り、食い込ませる演出がとてもおおいのだ。

それはレオタードでする必要があるのだろうか・・・?

いや、それに対してエロスを感じている諸兄がいるからこその演出であり画像なのだから、必要ではあるのだろう。

ただ私としてはどうも下着でやっていれば良いのではないかと思ってしまうところだ。

もちろんこの手の変化球、というか演出は人それぞれ好みがあるものだ。

数年ほど前までは透けているレオタードもあまり好きではなかったのだが、近ごろ水濡れも良いなと感じてしまう。

所詮性癖というのはそういうものなのかもしれない。

しかしながらレオタードは至高、崇高、尊い存在であることには変わりない。
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR