FC2ブログ

レオタード 画像 厳選

厳選されたレオタード画像を見たいのであれば専門サイト以外に選択肢がない。

いや、自分でカメラ片手に作品を作り上げるというのもあるが、これは除外しておこう。

なにせ予算と時間とネゴシエーション能力といった流れで色々要求されてしまう手間がある。

その分できあがったものは唯一無二であるが。

閑話休題、厳選レオタード画像の話に戻ろう。

そもそもの話この手のマニアックだとかフェチだとか言われるジャンルにおいて大手サイトというのは心もとない。

全否定している訳ではないが大手ほど需要と供給のバランスをよくみて作品をリリースしている。

つまりはマイナージャンルほど作品が少ないのは当たり前のことなのだ。

それをカバーするのが専門サイトである。

自分の嗜好に合った専門サイトは一言でいえばこの世の天国である。

レオタードでいえば着衣ジャンルやスポーツコスチュームに分類される専門サイトが良いだろう。

残念ながら国内でレオタード専門サイトというのは知り合いが運営しているところしか知らない。

小規模なので大々的に宣伝するのもどうかと思うので割愛するが、このブログからリンクをしているので情熱的な紳士は是非探してみて頂きたい。

海外であればレオタード専門サイトがごまんとあるので外国の方でも良しとするならそちらも良いだろう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

レオタード 画像 ツイッター

最近は個人がアダルトな画像を載せるようになってきたこともあって、ツイッターはある種その手の女性が多く集っている。

だが悲しきかなレオタード画像となるとそうそうお目にかかることはない。

以前一度あったくらいだろうか、今はもう見れないのだが。

この広いSNSの世界においてもレオタード愛好家というのは希少種であることが本当に悲しい。

が、そこまで悲観的になっても致し方ないだろう。

少なくともゼロではないのだから、今後増えていくと信じている。

まぁそこまで他人がどうこうとは思っていないので、独りであってもレオタードを愛し続けるのだが。

とはいえこの手の話は仲間と共有するのも1つの楽しみ方なのだ。

それ故に愛好家が増えてくれると非常に嬉しい。

性癖は時間の経過と共に変化するのだから、いつかレオタードをまた見て欲しいところだ。

レオタード 画像 写真集

実のところレオタードと写真集の組み合わというのは非常に相性がよろしい。

おそらく写真集に使われる用紙の質感がレオタードの良さを上手く出しているのだろう。

某有名アイドルもレオタードを着て写真を撮られていたと記憶しているが、それのサンプルを見ても非常によろしかった。

が、やはりレオタードのみの写真集でないと買わないようにしている。

そもそも世のレオタード画像を1枚残らず集取するには小遣いが足りない。

世知辛い世の中なのである。

しかも写真集となると出費がかさんでしまうので慎重にならざるを得ないのだ。

その辺りも気にせず収集できたら幸せなのは間違いないが、結局は無いものねたりなのだからこれで良いのだろう。

自分の趣味が市場の広いものでなくて良かったと実に思う。

これがレオタードではなく広義のコスプレという括りであったら想像を絶する大変さであったろう。

写真集をコレクションするどころの話ではないかもしれない。

もっとも自分がレオタード好きだから考えることであって、隣の芝は何たらという話に近いのだろう。

レオタード 画像 披露

レオタード画像を作品として披露しているサイトは非常に少ない。

しかし少ないからこそ所謂「神サイト」を発見した時の悦びは何物にも代えられない。

先日も以前から目にしたことがある作品だと思い別のところを探そうと考えたところ、今回は詳細まで見てみようと深く入ってみた。

するとどうだろう、作品のパッケージ面はそこまで良い気がしなかったのに、中のサンプルに惹かれてしまった。

結局のところ購入に至り、その日は至福の一時を過ごさせてもらった。

少ないなら少ないなりにパッケージだけ見て飛ばすなという話もあるが、欲求とは恐ろしいものでアンテナにかからなければ即スルーしてしまう。

今度からはジックリと吟味していくことにしよう。

とはいえ今回のケースはレア中のレアだ。

本来パッケージ画像というものは作品を宣伝する際に一番披露される部分だ。

そこでレオタードの良さが出てなければ多くの愛好家がそっぽを向いてしまう。

逆に中身が良かった、というのは殆どないと言っても過言ではない。

ただし今回のようなケースがあるので、必ずしもとはいえないが。

レオタード 画像 写真

理想のレオタード画像なり写真が良いならば自分で撮ってしまうのがいい。

これはレオタード好きにとって格言に近い。

なぜなら、それだけ良い作品が世の中に出回っていないからである。

一般世間においてレオタードはコスプレであり女体から脱がせてしまうものだ。

だがレオタードを愛好するものは違う。

着て佇んでいるだけでも良いもは良いのだ。

もちろんセックスありきの諸兄には意味が分からないのも当然だ。

だからこそ一般世間の作品で登場するレオタード女性の殆どが何かしらの脱衣行為を強いられセックスに至る。

これはこれで人の好みだから否定することではない。

しかし世の中の殆どがこのパターンなので女体ではなくレオタードを愛する者からすると非常に辛いのだ。

女性の体型が何でも良いということではないが、あくまで土台であり女性だけでは作品として半分なのだ。

そこにレオタードが合わさって1つの作品になる訳だから、脱がせてしまったら土台だけになってしまうという結果だ。

土台や額縁が悪くても芸術作品というのは価値を下げる。

どちらが大切ということではない、つまり女性軽視ではないのであしからず。

つまり結局のところ自分が愛おしく思うレオタード作品というのは実に少ない。

少ないのであれば撮影してくれば良いのだ。

幸い今の世の中はそういうチャンスが非常に多い。

自らモデルを依頼し、スタジオを借りて撮影することも可能だ。

もっとお手軽にラブホテルに風俗嬢をデリバリーして写真オプションを付ければ撮影も可だ。

もしくは理解あるパートナーに着てもらうということもあるが、残念ながら理解を得られない可能性の方が高いかもしれない。

こればかりは運なので各自適切な選択肢を選んでもらいたい。
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR