FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオタード 画像 作品

レオタードに限らず各種アダルト作品のというのは動画が主流だ。

が、画像作品が完全に絶滅してしまった訳ではない。

むしろレオタードのような日の目を見ないジャンルは画像の方が良い場合もある。

この手の専門サイトは決まって画像作品を主としているものだ。

理由は様々だが動画を制作するコストが高いというのが一番だろうか。

結局のところサイトだって元を取れないなら費用をかけたくないというのが本音だ。

もちろん一部の熱狂的マニアと呼ばれる類の人間はこの限りではない。

逆にいえば画像作品が多い以上、クオリティも高いものがあるということだ。

動かないデメリットというのもあるが、それを凌駕する品質があれば利用者も満足する。

だからこそ動画である必要がないという考えもあるかもしれない。

とはいえ非常に高いクオリティの画像作品を見た時に、これが動いていれば・・・と考えることもある。

しかし隣の芝は青く見えるもので、動画であればそれはそれで何か思うところができるかもしれない。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

レオタード 画像 マスカッツ

恵比寿マスカッツのメンバー一同がレオタードを着ている画像はご存知だろうか。

何かテレビの企画だったと思うがあまり詳しいことは分からない。

というかリアルタイムに見ていないのだ。

そして見たところ「これじゃない」という気持ちに苛まれてしまったのを何故か思い出したので書き起こしたのである。

いわゆるセクシー女優のグループであるからレオタードのようなエロスを感じるコスチュームも似合うと思っていたのだが。

なぜが方向性が違ったのかもしれない。

実に残念だ。

だが三田羽衣がレオタードを着ているグラビアサイトはなかなかのものだった。

要するにレオタードも着方ひとつで印象が大きく変わってしまうのだろう。

前述の恵比寿マスカッツの件は結局のところバラエティ的に着てしまったものが画像になっている。

そう結論づけている。

そもそも作品の中ではそういう着方をしないだろう、と心の中でツッコミを入れてしまった。

結局のところそういうことなのだ。

レオタード 画像 厳選

厳選されたレオタード画像を見たいのであれば専門サイト以外に選択肢がない。

いや、自分でカメラ片手に作品を作り上げるというのもあるが、これは除外しておこう。

なにせ予算と時間とネゴシエーション能力といった流れで色々要求されてしまう手間がある。

その分できあがったものは唯一無二であるが。

閑話休題、厳選レオタード画像の話に戻ろう。

そもそもの話この手のマニアックだとかフェチだとか言われるジャンルにおいて大手サイトというのは心もとない。

全否定している訳ではないが大手ほど需要と供給のバランスをよくみて作品をリリースしている。

つまりはマイナージャンルほど作品が少ないのは当たり前のことなのだ。

それをカバーするのが専門サイトである。

自分の嗜好に合った専門サイトは一言でいえばこの世の天国である。

レオタードでいえば着衣ジャンルやスポーツコスチュームに分類される専門サイトが良いだろう。

残念ながら国内でレオタード専門サイトというのは知り合いが運営しているところしか知らない。

小規模なので大々的に宣伝するのもどうかと思うので割愛するが、このブログからリンクをしているので情熱的な紳士は是非探してみて頂きたい。

海外であればレオタード専門サイトがごまんとあるので外国の方でも良しとするならそちらも良いだろう。

レオタード 画像 ツイッター

最近は個人がアダルトな画像を載せるようになってきたこともあって、ツイッターはある種その手の女性が多く集っている。

だが悲しきかなレオタード画像となるとそうそうお目にかかることはない。

以前一度あったくらいだろうか、今はもう見れないのだが。

この広いSNSの世界においてもレオタード愛好家というのは希少種であることが本当に悲しい。

が、そこまで悲観的になっても致し方ないだろう。

少なくともゼロではないのだから、今後増えていくと信じている。

まぁそこまで他人がどうこうとは思っていないので、独りであってもレオタードを愛し続けるのだが。

とはいえこの手の話は仲間と共有するのも1つの楽しみ方なのだ。

それ故に愛好家が増えてくれると非常に嬉しい。

性癖は時間の経過と共に変化するのだから、いつかレオタードをまた見て欲しいところだ。

レオタード 画像 写真集

実のところレオタードと写真集の組み合わというのは非常に相性がよろしい。

おそらく写真集に使われる用紙の質感がレオタードの良さを上手く出しているのだろう。

某有名アイドルもレオタードを着て写真を撮られていたと記憶しているが、それのサンプルを見ても非常によろしかった。

が、やはりレオタードのみの写真集でないと買わないようにしている。

そもそも世のレオタード画像を1枚残らず集取するには小遣いが足りない。

世知辛い世の中なのである。

しかも写真集となると出費がかさんでしまうので慎重にならざるを得ないのだ。

その辺りも気にせず収集できたら幸せなのは間違いないが、結局は無いものねたりなのだからこれで良いのだろう。

自分の趣味が市場の広いものでなくて良かったと実に思う。

これがレオタードではなく広義のコスプレという括りであったら想像を絶する大変さであったろう。

写真集をコレクションするどころの話ではないかもしれない。

もっとも自分がレオタード好きだから考えることであって、隣の芝は何たらという話に近いのだろう。
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。