FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオタード 画像 荻野由佳

先日遅ればせながら荻野由佳のレオタード画像を鑑賞してみた。

最近のアイドルがやれグラビアだのと幅をきかせている理由が分かったような気がする。

確かにこれはなかなかに良いなというのが正直な感想だ。

レオタードも似合っている。

が、やはり長袖を着て頂きたかったなという気持ちもある。

グラビアだからこそレオタードの類を扱う時は露出度のジレンマがあるのだろうが、そこは私もレオタード愛好家なので譲れない。

無論アダルト作品に多い演出はもっての他だ。

その分アイドルのグラビアはそのような外道演出ができないので親和性が高いのかもしれない。

正直なところあまり芸能人などのレオタード画像はそこまで見ていなかったのだが、改めて見てみようと思う。

何ごとも食わず嫌いやら久しく食べていないというのも良くないのだから。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

レオタード 画像 圧巻

芸能人が圧巻のレオタード画像、と銘打ってる時に限って期待を裏切られるのは小生だけではないはずだ。

そもそもレオタードというものの扱いが違うので期待はずれになってしまうのも仕方がない。

芸能人の圧巻レオタード画像はあくまでも芸能人が主役。

レオタード愛好家にとっての主役はレオタードになるのでから乖離するもの、そう割り切るしかない。

しかし世の中のレオタードに対する考えが上記の通り我々と違いすぎるのも困ったものだ。

その手の会員サイトなどを覗かないと望むものが手に入りにくい。

誰でも存じているであろう大手では先述の通り着る者がが主役になっていることが非常に多い。

そもそも有名女優ありきで企画などが進む関係上それは致し方ないのだが。

ただし企画ありきで進むものは、やはりレオタード先行なので大手でも良いものは良い。

明らかにクオリティの平均は専門サイトに敵わないが入口としては良いのかもしれない。

と言いつつ私も偶に良さそうな作品を購入していたりもするのだが。

レオタード 画像 井上真央

芸能人のレオタード画像といえば井上真央は記憶に新しい。

映画の背景的にバブル期の風貌にせざるを得なかったというか、するべきだったのだろうが。

やはり・・・ダサい。

しかし似合ってるかダサいかはレオタード好きにとってはまた別のポイントなのだ。

要はボディラインに合っているかの方が非常に重要であって、失礼な話だが首から下が合ってれば必然的に上も艷やかになる。

いわゆるエロい不細工というのも、そういう理屈なのだ。

性癖は顔面偏差値を凌駕するといっても差し支えないだろう。

とはいえ井上真央は美人だ、それはもう揺るぎない事実。

だからこそ、そんな美人がダサいコスチュームでいるのもなかなか良いのではないだろうか。

あくまでこれは私見なので他者の意見を否定するものではない。

むしろ個人的にもダサいとは思う、しかしそれが良い。

こんな感想を抱く一般諸兄も多いのではないだろうか、と勝手ながら思い込んでおこう。

レオタード 画像 ステキ

レオタード画像におけるステキな作品、何とも言えない凡作の違いについて考えてみようと思う。

まずまずもって女体の露出を主とした裸ありきのものについては残念ながら凡作ではないだろうか。

真に良作と言われるものは露出がなくても湧き上がる欲望が止まらなくなるものだ。

現にコレクションの中でもトップクラスの作品はステキだ。

それこそ仕事中に思い出してしまうとそればかり考えて集中力が完全になくなってしまう。

だからこそオンオフの切り替えは非常に大切なのだが、そういうところが甘いのも人間だ。

こうしてまたレオタードの深みに嵌っていくのだ。

とはいえ画像であれば、この手のステキ作品がそれなりに多かったりもする。

流石に365日代わる代わる良いものを見ていける程ではないが、まぁ1ヶ月くらいはどうにかなるのではないだろうか。

正確にコレクションをカウントした訳ではないから、明日にでも集計してみようと思う。

兎にも角にもレオタードというものは作品のクオリティに関わらず素晴らしいものだ。

女性が見てもステキと思えるようなものが、これからもどんどん増えていくと個人的にも嬉しい。

なぜなら需要があるところに供給があるからだ。

レオタード人気が高まれば必然的に画像や動画も増えていき、レオタード文化が隆盛する。

これほどまでにステキな世界というのは存在しない。
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。