FC2ブログ

レオタード 画像 井上真央

芸能人のレオタード画像といえば井上真央は記憶に新しい。

映画の背景的にバブル期の風貌にせざるを得なかったというか、するべきだったのだろうが。

やはり・・・ダサい。

しかし似合ってるかダサいかはレオタード好きにとってはまた別のポイントなのだ。

要はボディラインに合っているかの方が非常に重要であって、失礼な話だが首から下が合ってれば必然的に上も艷やかになる。

いわゆるエロい不細工というのも、そういう理屈なのだ。

性癖は顔面偏差値を凌駕するといっても差し支えないだろう。

とはいえ井上真央は美人だ、それはもう揺るぎない事実。

だからこそ、そんな美人がダサいコスチュームでいるのもなかなか良いのではないだろうか。

あくまでこれは私見なので他者の意見を否定するものではない。

むしろ個人的にもダサいとは思う、しかしそれが良い。

こんな感想を抱く一般諸兄も多いのではないだろうか、と勝手ながら思い込んでおこう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

レオタード 画像 ステキ

レオタード画像におけるステキな作品、何とも言えない凡作の違いについて考えてみようと思う。

まずまずもって女体の露出を主とした裸ありきのものについては残念ながら凡作ではないだろうか。

真に良作と言われるものは露出がなくても湧き上がる欲望が止まらなくなるものだ。

現にコレクションの中でもトップクラスの作品はステキだ。

それこそ仕事中に思い出してしまうとそればかり考えて集中力が完全になくなってしまう。

だからこそオンオフの切り替えは非常に大切なのだが、そういうところが甘いのも人間だ。

こうしてまたレオタードの深みに嵌っていくのだ。

とはいえ画像であれば、この手のステキ作品がそれなりに多かったりもする。

流石に365日代わる代わる良いものを見ていける程ではないが、まぁ1ヶ月くらいはどうにかなるのではないだろうか。

正確にコレクションをカウントした訳ではないから、明日にでも集計してみようと思う。

兎にも角にもレオタードというものは作品のクオリティに関わらず素晴らしいものだ。

女性が見てもステキと思えるようなものが、これからもどんどん増えていくと個人的にも嬉しい。

なぜなら需要があるところに供給があるからだ。

レオタード人気が高まれば必然的に画像や動画も増えていき、レオタード文化が隆盛する。

これほどまでにステキな世界というのは存在しない。
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR