FC2ブログ

レオタード 画像 写真

理想のレオタード画像なり写真が良いならば自分で撮ってしまうのがいい。

これはレオタード好きにとって格言に近い。

なぜなら、それだけ良い作品が世の中に出回っていないからである。

一般世間においてレオタードはコスプレであり女体から脱がせてしまうものだ。

だがレオタードを愛好するものは違う。

着て佇んでいるだけでも良いもは良いのだ。

もちろんセックスありきの諸兄には意味が分からないのも当然だ。

だからこそ一般世間の作品で登場するレオタード女性の殆どが何かしらの脱衣行為を強いられセックスに至る。

これはこれで人の好みだから否定することではない。

しかし世の中の殆どがこのパターンなので女体ではなくレオタードを愛する者からすると非常に辛いのだ。

女性の体型が何でも良いということではないが、あくまで土台であり女性だけでは作品として半分なのだ。

そこにレオタードが合わさって1つの作品になる訳だから、脱がせてしまったら土台だけになってしまうという結果だ。

土台や額縁が悪くても芸術作品というのは価値を下げる。

どちらが大切ということではない、つまり女性軽視ではないのであしからず。

つまり結局のところ自分が愛おしく思うレオタード作品というのは実に少ない。

少ないのであれば撮影してくれば良いのだ。

幸い今の世の中はそういうチャンスが非常に多い。

自らモデルを依頼し、スタジオを借りて撮影することも可能だ。

もっとお手軽にラブホテルに風俗嬢をデリバリーして写真オプションを付ければ撮影も可だ。

もしくは理解あるパートナーに着てもらうということもあるが、残念ながら理解を得られない可能性の方が高いかもしれない。

こればかりは運なので各自適切な選択肢を選んでもらいたい。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

レオタード 画像 ハイレグエロ

レオタード画像の中でもハイレグに対するエロスに重きを置いている諸兄は多い。

そんな世の需要を反映してか様々なハイレグエロが作品として世の中に出てきている。

が、最近どうも様子がおかしいような気がしてならない。

どういうことかというとハイレグを掴み、引っ張り、食い込ませる演出がとてもおおいのだ。

それはレオタードでする必要があるのだろうか・・・?

いや、それに対してエロスを感じている諸兄がいるからこその演出であり画像なのだから、必要ではあるのだろう。

ただ私としてはどうも下着でやっていれば良いのではないかと思ってしまうところだ。

もちろんこの手の変化球、というか演出は人それぞれ好みがあるものだ。

数年ほど前までは透けているレオタードもあまり好きではなかったのだが、近ごろ水濡れも良いなと感じてしまう。

所詮性癖というのはそういうものなのかもしれない。

しかしながらレオタードは至高、崇高、尊い存在であることには変わりない。

レオタード 画像 ムチムチ

レオタードの画像といえばスレンダーな女性が多いが、正直ムチムチも良い。

というかレオタード=スレンダーは偏見ではないだろうか。

ムチムチにはムチムチの良さというものが存在する。

最近はグラビアアイドルやセクシー女優も頻繁に着るようになった節があるのでムチムチレオタードはよく見るかもしれない。

だが昔は印象操作の類かというくらいスレンダーな女性しかレオタードの画像を出さなかったのだ。

とはいえ正攻法で考えれば新体操やバレエで着られるものだから、スレンダー女性というイメージで当たり前なのだろう。

私は実際にやったことはないが、どちらもムチムチでいられるほどやわな動きをしないらしい。

ということはダイエット目的でムチムチの身体にレオタードを着せて頑張る淑女もいるということか。

それはそれで非常にそそられる。

あまり妄想に倒錯すると現実に戻れない気がするので、このあたりで止めておこう。

レオタード 画像 バレエ

レオタード画像を探しているとバレエ関係の商品を広告で推されることがよくある。

が、それは違うのだ。

バレエは実際に劇場で演じる際に女性はチュチュを身に纏い、リハーサルでも練習用のチュチュがあると聞く。

つまりバレエにおけるレオタードは練習着なのだ、本番ではない。

そのような知識を持ってしまったばかりにバレエでレオタードは通過点という認識がある。

レオタードを着て完成ではないのだ、つまり見ることはできるが観る対象ではないのだ。

そういう意識があって私はもっぱら新体操のレオタードを愛でることが多い。

あくまでレオタードが良いのではなく、レオタードを身に着け妖艶な姿となった完成された状態が良いのだ。

練習着扱いの通過点では当然ながら満足はできない、不合格なのだ。

ここまで拘りをもっていることもそうないかもしれないが、世の中は広い。

近々私が敬愛している先生方とお話させて頂く約束を取り付けたので機会があれば紹介したい。

レオタード 画像 セクシー

何が楽しくてレオタードの画像を集めているのかといえば、決してセクシーさを求めいる訳ではない。

いや、私からすればセクシーさなのだが一般的に言われているセクシーとは似て非なるものだ。

一般諸兄がセクシーと呼称する画像は際どいコスチュームを身に纏い、いや貼り付けただけも同然の状態であろう。

私は違う、逆に全身が覆われていても良いのだ。

レオタードのその質感、色合い、着る者が合わさり絶妙なハーモニーを奏でることに私は何とも形容し難い感情を覚える。

それが恐らくセクシーということなのだろう。

究極的に言えば形状は関係ないかもしれない。

しかし、だ。

世の中でいうセクシーは露出の多いコスチュームが多いはず。

それをレオタードで再現されてもレオタードが織り成す質感はこちらに伝わらない。

なぜならレオタードと呼べる面積が非常に少ないからだ。

露出とレオタード愛好は対極に位置していると言っても良いかもしれない。

レオタード 画像 水着

レオタードと水着は大して変わらないじゃないか。

そう言ってくる親しい諸兄がいた、私は衝撃を受けた。

逆に水着とレオタードの何が同じなのかというのを問い詰めたい。

形状なのか、違う。

材質なのか、いや違う。

女性が着るものなのか、それは合っている。

しかし水着は水中で使うもの、レオタードは陸上で使うものだ。

まるで水と油ではないか。

それをなぜ諸兄は同じと一括りにすることができるのだろうか。

これはレオタードを愛する者だけでなく水着を愛する者も敵に回す発言だ。

そう憤慨したところで諸兄はこう言った。

「どちらも理解できないので別に敵でいいです」と。

それもそうだな・・・と妙に納得してしまい悔しかったので今度水着の画像も探索してみようと思う。

レオタード 画像 海外

レオタード画像を探索している者にとって海外の画像サイトはいわば登竜門だ。

なにせワールドワイドである、その量はとてつもなく半端がない。

しかし日本という島国に生まれ海外の貧困地域と比べたら誰もが何不自由のない暮らしをしてきている。

日本にいるなら日本語だけ喋れれば生活に苦労することは100%ない。

しかし相手はワールドワイドな海外の画像サイト、当然イングリッシュである。

今でこそブラウザやサイトに翻訳機能がついているものも多く大して困らないが、昔は違った。

英和辞典や辞書サイトを片手にどこでお目当てのものが見れるのか四苦八苦しながら見たものだ。

サイトを見るだけでもこの有様なので有料サイトに登録などといったら東大に挑むくらいの難関に見えていた。

だが今は翻訳機能があるので1~2クリックで翻訳は完了する、便利だ。

これだけ便利だと日本人のレオタード画像に重きを置いている私でも海外サイトに浮気してみたくなるもの。

そして登録しすぎて料金の支払いが大変だったというのが今回のオチだ。

レオタード 画像 ハイレグ

気兼ねなく何でも話せる友人にレオタードの何が良いんだと聞かれた。

まぁ理由は色々とあるが一番分かりやすいところはハイレグだとかフィット感だろうか。

と答えたら一定の理解を得ることができたようだ。

そういうところで良かったのか・・・。

本当のところはレオタードの質感が堪らないのだが、そんなものを一般諸兄が分かるはずもない。

質感を求めるからこそ画像を探していても画質が荒いものは好まない。

ましてやハイレグ部分をクローズアップしたものも当然好まない、全体像が良いのだ。

と何か熱くなってきてしまったので、この辺りにしておこう。

レオタード 画像 新体操

趣味であるレオタードの画像を散策していると海外の新体操画像が最近よく目につく。

確かに悪くはないかなぁ・・・と眺めているものの何か違う。

そもそも自分は日本人なのだから、やっぱり日本人が着ている画像の方がいい。

せめてアジアの人なら・・・いや違うか。

近頃は日本人の体型も欧米化しているそうだから、もっと逸材がいても良い気がする。

しかし欧米化といっても肥満率の方だけのような。

まぁそれは致し方ないとして今後目を見張るような体型のレオタード画像に出会えることを願う。
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR