FC2ブログ

レオタード 画像 披露

レオタード画像を作品として披露しているサイトは非常に少ない。

しかし少ないからこそ所謂「神サイト」を発見した時の悦びは何物にも代えられない。

先日も以前から目にしたことがある作品だと思い別のところを探そうと考えたところ、今回は詳細まで見てみようと深く入ってみた。

するとどうだろう、作品のパッケージ面はそこまで良い気がしなかったのに、中のサンプルに惹かれてしまった。

結局のところ購入に至り、その日は至福の一時を過ごさせてもらった。

少ないなら少ないなりにパッケージだけ見て飛ばすなという話もあるが、欲求とは恐ろしいものでアンテナにかからなければ即スルーしてしまう。

今度からはジックリと吟味していくことにしよう。

とはいえ今回のケースはレア中のレアだ。

本来パッケージ画像というものは作品を宣伝する際に一番披露される部分だ。

そこでレオタードの良さが出てなければ多くの愛好家がそっぽを向いてしまう。

逆に中身が良かった、というのは殆どないと言っても過言ではない。

ただし今回のようなケースがあるので、必ずしもとはいえないが。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

レオタード 画像 水着姿

画像としてみるとレオタードと水着姿の違いがイマイチ分からないという諸兄は多いだろう。

しかし考えてみて欲しい、一般的な水着でダイビングスーツを想像することはできないであろう。

そもそもレオタードというのは長袖が基本だ、水着に長袖というのは存在しない。

ビキニだろうがその他海のレジャーで使用するのは全て袖が存在しない。

ただしラッシュガードは別だがあれは水着ではないだろうから成立しない。

ということで外見から既にレオタードと水着姿というのは似もしない非なるものなのだ。

もちろん諸兄の中にはレオタードものAVを観覧した方もいるであろう。

その手の映像作品に限って水着のようなレオタードを着ているケースが多々ある。

しかしそれはレオタードではないのだ、単なるエロ布だ。

新体操やバレエでそのようなレオタードを着るだろうか?いや着ない。

あくまであれはフィクション、ファンタジーのレオタードなのだ。

それはそれで否定はしないが現実のレオタードと混同されるのは非常に困る。

なぜならレオタード好きにとって布の質感、露出の少なさというのはアイデンティティにも等しいからだ。

レオタードを着ているだけで美しい、そう思えるのが正しいレオタードなのだ。

レオタード 画像 股間

性的欲求を満たす為のレオタードの画像に多いのは股間をクローズアップしている写真だ。

これは正直いただけない。

クローズアップしてしまうと水着でも良いということになってしまう。

レオタードである必要が全くないのだ。

やはりレオタードは全体像でもってレオタードであるべきである。

恐らく股間接写が良いと感じる諸兄は他のコスチュームでも良いのではないだろうか。

しかしそれが悪いことだとは思わない。

人間十人いれば十の性癖があるものなのだから。

厄介なのは複数の性癖が組み合わさってしまうことだ。

自分自身を顧みるとレオタードというコスチュームと、その質感という2つの特性が合わさっている。

正直にいうと、あの質感であらゆる部分に触れてもらいたい。

それが極上の質感を持つレオタードであれば、それだけで昇天してしまうかもしれない。

ということで以前とある風俗嬢にお気に入りのレオタードを着て色々としてもらったことがある。

結果としては失敗だった。

何かが違うのだ。

思考を巡らせたところ、ある1つの結論に至った。

風俗嬢では手慣れすぎてて全くレオタードの良さが出ないのである。

予め言っておくが年端もいかない女性に興味はない、そういう意味の初心さが足りない訳ではないのだ。

レオタードを着ていやらしい視線を感じることに恥じらいを持って欲しいのかもしれない。

まだ仮説ではあるが、自分自身の話だから可能性としては濃厚なのだろう。

また面倒な性癖が仲間に加わってしまった。

レオタード 画像 ステキ

レオタード画像におけるステキな作品、何とも言えない凡作の違いについて考えてみようと思う。

まずまずもって女体の露出を主とした裸ありきのものについては残念ながら凡作ではないだろうか。

真に良作と言われるものは露出がなくても湧き上がる欲望が止まらなくなるものだ。

現にコレクションの中でもトップクラスの作品はステキだ。

それこそ仕事中に思い出してしまうとそればかり考えて集中力が完全になくなってしまう。

だからこそオンオフの切り替えは非常に大切なのだが、そういうところが甘いのも人間だ。

こうしてまたレオタードの深みに嵌っていくのだ。

とはいえ画像であれば、この手のステキ作品がそれなりに多かったりもする。

流石に365日代わる代わる良いものを見ていける程ではないが、まぁ1ヶ月くらいはどうにかなるのではないだろうか。

正確にコレクションをカウントした訳ではないから、明日にでも集計してみようと思う。

兎にも角にもレオタードというものは作品のクオリティに関わらず素晴らしいものだ。

女性が見てもステキと思えるようなものが、これからもどんどん増えていくと個人的にも嬉しい。

なぜなら需要があるところに供給があるからだ。

レオタード人気が高まれば必然的に画像や動画も増えていき、レオタード文化が隆盛する。

これほどまでにステキな世界というのは存在しない。
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR