FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオタード 画像 可憐

レオタード画像のウリの1つとして挙げられるのが可憐さだ。


やはりこの手のコスチュームを着て醜悪さが出てしまっては元も子もない。


だからこそ一般的に幼い女性とセットとして考えられてしまうというのは一般婦女の自虐なのだろうか。


そんなものは片隅において本題は可憐さだ。


つまるところ普段から繁華街で騒いでいるような層がレオタードを着たところで何ともいえない状況になってしまう。


レオタードは心の鏡なのだ。


清い女性が着るからこそ可憐さというものが滲み出てくる。


だからといって幼いを接頭詞に付けるなと常々思うのだが・・・。


歳を取ると清さがなくなってくるのだろうか?


艶は確かに年齢とともに出てくるのは間違いない。


しかし清さと引き換えに得るものではないような気がするのだが。


どちらにしても可憐だ。


艶でも清さでも私にとっては可憐で美しく見えてしまう。

レオタード 画像 ウクライナ

レオタード画像で欧米の女性がモデルになっているフェチサイトが多かったりするのだが、特にウクライナの女性が多い気がする。

これは一体なぜなのだろうか?

最初はコマネチの影響なのかと考えもしたが、よくよく思えばコマネチは確かに欧州の女性だがルーマニア人だ。

東欧や北欧の女性は美しいと度々話題になるが何故ウクライナなのだろうか疑問は深まるばかりなのである。

しかしまぁ欧州のスレンダーな女性がレオタードを着た画像は非常によく映える。

そもそもの話、国内から海外に私のフェチズムがグローバル化してしまった原因は欧州のレオタード女性だ。

決して少女趣味があったのではないということを強く念押ししておこう。

悲しいことにレオタード愛好家はロリコンであるという偏見が少なからずあるのだ。

それならそれと海外に飛び出したりしないものだが・・・、あちらの女性は同年の大和撫子と比較して早熟ゆえに幼くはないというのに。

閑話休題、ウクライナ女性についてだ。

なぜかロシアンパブで働くウクライナ女性というのも少なくないと聞く。

いやいやロシアンではなかろうよと言いたかったが国の話はナイーブだからグローバルな場ではよろしくない。

しかしアメリカのレオタード画像サイトでもロシア人と紹介されていて詳しく調べてみたらウクライナ人というパターンもそれなりに多い。

やはりウクライナの謎は深まるばかりだ。

レオタード 画像 井上真央

芸能人のレオタード画像といえば井上真央は記憶に新しい。

映画の背景的にバブル期の風貌にせざるを得なかったというか、するべきだったのだろうが。

やはり・・・ダサい。

しかし似合ってるかダサいかはレオタード好きにとってはまた別のポイントなのだ。

要はボディラインに合っているかの方が非常に重要であって、失礼な話だが首から下が合ってれば必然的に上も艷やかになる。

いわゆるエロい不細工というのも、そういう理屈なのだ。

性癖は顔面偏差値を凌駕するといっても差し支えないだろう。

とはいえ井上真央は美人だ、それはもう揺るぎない事実。

だからこそ、そんな美人がダサいコスチュームでいるのもなかなか良いのではないだろうか。

あくまでこれは私見なので他者の意見を否定するものではない。

むしろ個人的にもダサいとは思う、しかしそれが良い。

こんな感想を抱く一般諸兄も多いのではないだろうか、と勝手ながら思い込んでおこう。

レオタード 画像 抜群

ことレオタード画像愛好家の界隈において抜群のスタイルと呼称されるのは、程よいバランスの肉体美を指す。

だが我々の世界と世の中では理が違うのか、世間で抜群のスタイルと呼ばれるのは全くもって程遠い存在だ。

何故か両極端にグラマラスかスレンダーという二極性を「抜群のスタイル」というのは持ち合わせているらしい。

個人的に物申せば二曲ある時点で群を抜いていないではないか。

特にスレンダーという言葉は幅が非常にあるように思える。

誤解を恐れずいえば鶏ガラのような体型でもスレンダーというのは如何なものだろうか。

スレンダーの先にスキニーがあって鶏ガラのはずだ、もしくは割り箸でもいい。

そんな体型がスレンダーと呼称されるのは正直度し難い。

閑話休題、抜群のスタイルについてだ。

やはり抜群というからには頭ひとつ飛び抜けた存在であって欲しい。

そんな至上のスタイルを持つ女性がレオタードを着るからこそ、画像にも華が出るというものだ。

もちろんスタイルだけの話ではないが、スタイルのみを考えるとそうなってしまう。

レオタード 画像 ツイッター

最近は個人がアダルトな画像を載せるようになってきたこともあって、ツイッターはある種その手の女性が多く集っている。

だが悲しきかなレオタード画像となるとそうそうお目にかかることはない。

以前一度あったくらいだろうか、今はもう見れないのだが。

この広いSNSの世界においてもレオタード愛好家というのは希少種であることが本当に悲しい。

が、そこまで悲観的になっても致し方ないだろう。

少なくともゼロではないのだから、今後増えていくと信じている。

まぁそこまで他人がどうこうとは思っていないので、独りであってもレオタードを愛し続けるのだが。

とはいえこの手の話は仲間と共有するのも1つの楽しみ方なのだ。

それ故に愛好家が増えてくれると非常に嬉しい。

性癖は時間の経過と共に変化するのだから、いつかレオタードをまた見て欲しいところだ。
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。